• コミュニティ政策学会は、地域社会におけるすべての 近隣組織や市民活動組織を育て、地域民主主義を発展 させようと努力している人々の全国組織です。 コミュニティ政策学会(英語でJACP)は、 地域社会のリーダーとボランティア、議員、 行政職員、NPO、企業、研究者などのあらゆる 分野の人々が集い、地域自治とコミュニティ政策について、 共に考え、情報交換することを目的として活動しています。

  • 第14回 コミュニティ政策学会 伊賀大会のお知らせ

     

    1 会期・会場

    2015(平成27)年7月4日(土)・5日(日)

    ハイトピア伊賀(三重県伊賀市上野丸之内)

     

    2 主催等

    主催:コミュニティ政策学会  共催:伊賀市

     

    3 開催趣旨

     本学会が設立された2001(平成13)年は、全国各地で平成の市町村合併が議論されていた時期でもあり、その後、新たな市町が多数誕生しました。今大会が開催される伊賀市もその一つであり、合併して早10年を経過しています。その伊賀市では、合併協議の中で住民自治(地域自治)の仕組みが議論され、それは独自の自治立法(自治基本条例)による住民自治協議会として各地で自治組織が設立され、様々な取組が展開されてきています。また、隣接する名張市においては、市民投票の結果、単独市政を選択したものの、住民自治の取組は必要との判断のもと、伊賀市にやや先行する形で数々の取組がスタートしています。そして、こうした伊賀発の住民自治の取組は全国各地に広がり、それぞれの地域に合った形で独自の取組が数多く展開されています。

     伊賀大会では、約10年間にわたる各地の取組を持ち寄り、現在直面している課題と今後の展望を検証検討することで、持続可能な地域コミュニティの自律的な形成へとつなげていきます。

     また、伊賀市の事例を全国に情報発信することで、これまで以上に同様の取組地域との交流機会が増大し、互いに学び刺激し合うことで、全体の底上げを図ります。

     なお、本学会が継続して研究テーマとしている「中山間地域」や「地域福祉」についても議論の発展につなげていきます。

     

    4 開催テーマ案

    「地域の自律的発展のためのコミュニティ政策

    -持続発展可能な地域コミュニティの形成に向けて-」(仮称)

     

    5 大会参加費(資料代を含む)

    会 員 1,500円(1日・2日とも) ※予定

    非会員 2,000円(1日・2日とも) ※予定

    懇親会費 5,000円  於:上野フレックスホテル ※予定

     

    大会詳細は、随時ホームページ上でお知らせいたします。

    ※2015年3月11日、一部修正しました。

     

     

     

     

     

  • ご連絡先

    コミュニティ政策学会事務局

    〒102-0071 東京都千代田区富士見2-17-1 法政大学法学部気付

    TEL : 03-3264-9441 / FAX : 03-3264-4045 E-mail:office@jacp-official.org