• コミュニティ政策学会は、地域社会におけるすべての 近隣組織や市民活動組織を育て、地域民主主義を発展 させようと努力している人々の全国組織です。 コミュニティ政策学会(英語でJACP)は、 地域社会のリーダーとボランティア、議員、 行政職員、NPO、企業、研究者などのあらゆる 分野の人々が集い、地域自治とコミュニティ政策について、 共に考え、情報交換することを目的として活動しています。

  • 2020年度シンポジウム

    「地域自治組織の可能性」

     

    シンポジウムの趣旨

    地域自治組織が用語として登場し注目されて、すでに10年以上が経過した。その間様々な調査研究が進められて、実践面でも小規模多機能自治ネットワークの組織化などいくつもの取り組みが全国的に展開してきた。コミュニティ政策学会でも近年、地域自治組織に関する議論を積み重ねてきた。その中で、成果と課題も明らかになっている。私たちは研究会を組織し、これらの積み重ねを踏まえつつ、自治会の参加の仕方、意思決定のあり方、一括交付金の分配など、地域自治組織のガバナンスのあり方により焦点を当てて、実態の解明と課題検討を行っている。いうまでもなく、地域自治組織の底力発揮には人材だけでなく、組織運営のあり方も重要である。シンポでは、今年度実施した全国市区町村アンケートの結果分析をはじめとして、幾つかの事例報告を行い、地域自治組織の全体像と問題点を考え、その機能発揮の条件、将来を議論する。

     

    報告者

    ◇金川幸司(静岡県立大学)

    「コミュニティづくりのための組織論:地域自治組織の全体像」

    ◇洪性旭(三重大学)

    「地域自治組織の最前線:全国自治体アンケートの総括」

    ◇柏木登起(NPO法人シミンズシーズ)

    「地域自治組織の最前線:明石市の校区まちづくり組織」

    ◇今井良広(兵庫県庁)

    「地域づくりの新しい形:旧小学校を活用した地域活性化の取り組み」

     

    討論者

    後房雄(愛知大学)、日高昭夫(山梨学院大学)

     

    司会

    森裕亮(北九州市立大学)

     

    日時;2021年2月21日 日曜日(午後14時から、16時ごろ終了予定)

     

    開催:ZOOM。参加費は無料。参加ご希望の方は、事前登録をしてください。IDをお知らせします。

     

    (事前登録について)

    *以下のURLから登録を行ってください。https://docs.google.com/forms/d/1TgkGCGjHQsbO3QhFKfawNoSoB6NMXEah3Tb057N465M/edit#responses

    *申込締め切りは、2021年2月15日(月)23時59分です。

    *申込者の方には、2021年2月16日(火)に当日の次第などを、2月20日(土)にZOOMのIDなどの送信いたします。

     

     

    主催(共催):コミュニティ政策学会・RMO研究会

     

    連絡先:コミュニティ政策学会事務局 office@jacp-official.org

     

  • ご連絡先

    コミュニティ政策学会事務局

    〒102-0071 東京都千代田区富士見2-17-1 法政大学法学部気付

    TEL : 03-3264-9441 / FAX : 03-3264-4045 E-mail:office@jacp-official.org